インプラント

インプラント

インプラント(人工歯根)治療法は、歯がなくなった後の顎の骨にインプラントを埋め込み、
1ヶ月〜6ヶ月後のその上に人工の歯(上部構造)を作る治療法です。
(期間は骨の状態など様々な条件により異なります)

 

治療法

 

外科手術を伴いますので、患者様が適応症であるかどうか全身的な健康状態のチェックを行い
骨の状態など、より精密な検査を必要とします。
インプラント埋入手術に伴う不自由さ、痛みの程度およびその継続期間は、臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。

右矢印

歯を一本だけ失った場合

自分の天然歯のように自然に感じられます。顎骨の萎縮の心配のなく本来の骨量を維持できます。
ブリッジを入れるときのように健康な隣の歯を削る必要がありません。

治療後

自分の歯として実感できるためよく噛めます。噛む機能が回復することで、食べ物の制限が無くなり、
バランスの良い食事が楽しめます。楽しい食事は、体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

 

インプラント治療の利点

  • ①取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の歯を入れることができます。
  • ②インプラントで入れた歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • ③自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも平気です。
  • ④噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
     楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

治療の流れ

1.診断と治療計画

インプラント治療をご希望の場合、医師にご相談下さい。インプラントとはどのようなものか、ご説明いたします。
顎の骨の状態などを調べるため、精密な検査を行います。
その上で十分に診断し、インプラントの治療計画をご説明いたします。

2.インプラント手術

局所麻酔をして、ドリルで骨に穴を開けます。

下矢印

穴を開けた部分に、チタン製の小さなネジ状のインプラントを埋め込みます。
手術後は数回ご来院頂き、消毒をします。

3.インプラントが骨にくっつくまで待ちます。

骨の状態などにより様々ですが、おおよそ1ヶ月〜6ヶ月程度待ちます。
この間は仮歯を入れておくのですが、仮歯を入れるためにインプラント体にソリッドヘッドという上部構造を取り付けます。
その後、仮歯の製作をしてソリッドヘッドの上に仮歯をかぶせます。
インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。

4.歯を装着

インプラントが骨に定着したら、最後に人工の歯(上部構造)の製作をし、かぶせます。

インプラントを長持ちさせるために

インプラントは、チタン製でとても丈夫ですので、問題なければ半永久的に機能します。
しかし、ただ入れただけでは普通の歯と同様に長持ちはしません。インプラントの周りに汚れがたまった状態
でいると、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてきます。
そうなるとせっかく入れたインプラントを抜く事になります。
このようにならないためには、家での正しいブラッシングケアと、定期検診によるチェックが必要です。
検診では、インプラントの状態・歯肉の状態・かみ合わせのチェックなどを行い、更に歯科衛生士が歯のお手入れを行います。

予約ボタン



口腔内の中の病気の原因や
予防法・対策法・治療法など
お役立ち情報を更新。

スタッフブログ

お口の成長をおさえる
1歳~12歳の大切な時期の
歯の健康サポートクラブ。

カムカムクラブ

ご不明な点等
ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

患者様の健康と幸せを
共に考えてくれる
歯科医・衛生士を大歓迎。

採用情報