歯列矯正

歯列矯正

歯には、力を加えられるとその方向に移動する性質があります。
その性質を利用し、口のなかに矯正装置を入れ、歯に一定の力を持続的にかけ人工的に動かし、
悪い歯並びや噛み合わせを治すのが歯列矯正です。
歯列矯正は、単に見た目を良くするだけでなく、
歯並び噛み合わせが悪いため、虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。
その他いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方が治ることもあります。
また、外見上のコンプレックスで悩んでいる人も、明るさと自信が取り戻せます。
最近、噛むことと学習能力や認知症との関連性が話題にもなっています。

ラビアル矯正

最もスタンダードな歯列矯正の治療法で歯の表側に装置を
つけていきます。
以前は金属ブラケットが主流でしたが、最近は白い装置や
色のついた装置もあり、以前より目立ちにくくなっています。
当院では、通常白いセラミックブラケットを使用します。

インプラント矯正

奥歯が損失していたり、今までは困難であった矯正治療が、
インプラントを併用することにより可能になりました。
また治療のスピードアップにもなります。
当院では専門医によるインプラントの植立手術を
行なっています。

※当院では、ハーフリンガル矯正・フルリンガル矯正は行なっておりませんのでご了承ください。

治療の流れ

矯正治療をお考えの方は、当院へお問い合わせください。
歯並びについての悩みなど、どんな事でもお気軽にご相談ください。
TEL:(075)645-7070
住所:京都市伏見区深草北新町631-1

1.矯正治療に関してのご相談・ご説明

口の中全体のレントゲン写真を撮ります。
そして、どのような治療法があり、装置はどのようなものを使うか、治療期間はどれくらいかをご説明します。
必要に応じ1回〜数回の打ち合わせを実施いたします。

2.検査

より詳しく分析するため、頭部側面のレントゲン撮影や口の中の写真撮影をしたり、
歯型を探ったりします。

3.診断

内容にご納得いただけましたら、ご契約ください。

4.装置の装着

(装置をつけます。装置についての説明もします。)

5.調整

月1回、平均1.5〜2.5年の治療期間を要します。

  • ※患者様それぞれの歯並び・治療の進行具合によって、通院間隔は異なります。
  • ※その後、保定期間(メンテナンス期間)として、約1年経過観察をします。
     その後、治療終了となります。

 

矯正歯科のよくある質問





  • 矯正装置をはめていることで、虫歯になりやすくないのですか?
  • 定期的な口腔内のチェックを積極的に推進しているため、他の医院と比較して虫歯になりにくい診療を推進しています。
  • もとに戻る可能性はありますか?
  • 保定期間中に、当医院の指示に従っていただければご心配いりません。
  • 矯正装置にどれくらいで慣れますか?
  • 通常は1週間程度で慣れるものですが、個人差があります。
  • 歯は抜かないといけないのですか?
  • 歯を抜いて治療を行う医院もありますが、当医院では、なるべく歯を抜かないで治療を行う方針です。
  • 1回の治療時間はどれくらいかかるんですか?
  • ブラケット装着時には時間がかかりますが、ワイヤー交換時、それ以降は30分程度で終了します。
予約ボタン



口腔内の中の病気の原因や
予防法・対策法・治療法など
お役立ち情報を更新。

スタッフブログ

お口の成長をおさえる
1歳~12歳の大切な時期の
歯の健康サポートクラブ。

カムカムクラブ

ご不明な点等
ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

患者様の健康と幸せを
共に考えてくれる
歯科医・衛生士を大歓迎。

採用情報