予防歯科

予防歯科

  • 悪いところはないと思っていても、いったんトラブルが起きると生活に支障をきたすこともある私たちの身体。
    歯は、その最たるものではないでしょうか。歯科医療は、近年その重要性が指摘されている「予防医療」がもっとも進んでいる分野。
  • 本田歯科クリニックでは、歯磨きの状態・唾液の検査・口の中の状態・ライフスタイルのアンケートなどにより個々の患者様の
    リスクを調べ、そのリスクに対応した予防プログラムを具体的に提示します。セルフケア(毎日の歯磨きなど)と
    プロフェッショナルケア(診療所で行う予防)を同時に行い、患者様といっしょに予防に取り組んでいます。

予防歯科でリスクを抑える

いったん歯の健康を損なってしまうと、元に戻すのは難しく、痛みや苦痛が伴うもの。時間もお金もかけなくてはいけません。
予防に投資したほうが、結局はいろいろな意味でお得です。
諸外国では、治療が必要ないように定期検診を受けるのが一般的とされています。


フッ素による虫歯予防

生えたての歯はまだ結晶構造が弱く、成人の歯に比べると非常に弱いものです。
そのため虫歯になりやすい状態であると言えます。
フッ素を塗布することによって、その弱い結晶構造を強くします。
その結果として虫歯に対しても抵抗力が期待できます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗って
歯の結晶構造を強くします。
生えたての歯ほどよくフッ素を
取り込みますので、生えてきたら
出来るだけ早く塗りましょう。
当院で使用している様々な
フルーツ味のフッ素は、
小さなお子様に大人気です。

フッ化ジアミン銀

虫歯の進行を抑える薬で、
乳歯、永久歯の初期の虫歯に
使います。
つけると虫歯の部分だけ
黒くなります。
このため主に奥歯に使用します。

予防充填法
(シーラント)

奥歯の溝の凸凹を埋めて虫歯菌が
繁殖しないようにするものです。
埋め込む素材はプラスチックで
奥歯の溝や前歯の裏側など
虫歯になりやすい部分に施します。
歯の溝が深く、一人ではまだ
十分な歯磨きができない
お子様にはおすすめです。

予約ボタン



口腔内の中の病気の原因や
予防法・対策法・治療法など
お役立ち情報を更新。

スタッフブログ

お口の成長をおさえる
1歳~12歳の大切な時期の
歯の健康サポートクラブ。

カムカムクラブ

ご不明な点等
ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

患者様の健康と幸せを
共に考えてくれる
歯科医・衛生士を大歓迎。

採用情報