歯科衛生士の1日 その2

11年目の安心感あふれる衛生士!

12

11年目の安心感あふれる衛生士!

本田歯科に入社して11年目の歯科衛生士です。落ち着きがあり、いつもにこやかで、患者様に安心感を与えることができる衛生士です。根気よく後輩指導に取り組み、本田歯科にはなくてはならない存在です。

1日の流れ

8-30

8:30 出勤

みんなとおしゃべりしながら着替えます。

8-40

8:40 掃除と準備

掃除は、新人やベテラン関係なく、みんなで。お掃除表にその日の担当する掃除場所が決まっています。

8-55

8:55 朝礼

朝の声出し挨拶、身だしなみチェック、院長からの連絡など。

9-00

9:00 午前診療

長く勤めていると、担当患者さんも増え、診療補助を行うことは少なくなりました。本田歯科では初診、再初診の患者さんの初日は90分のヒアリングと検査と説明を行うので、新人以外はその担当が曜日できまっています。私は週の半日を2回初診カウンセリングをしています。

他、歯周病の治療、定期検診を午前中に4〜5人担当します。 定期検診の時間は年齢、歯数、内容によって違いはあるのですが、その患者様に合わせて30〜60分の間で、治療時間を担当衛生士が自分で決めることができます!歯科衛生士のやりがいに繋がる本田歯科の取り組みの1つだと思います。

wd

12:30 お昼休み

12:30〜14:30までお昼休みです。休憩室でみんなでランチタイム。お弁当を持ってくる人、近くのスーパー、コンビニに買いにいく人それぞれでランチを用意します。その後は患者さんからの差し入れや、おやつを皆で食べ、お昼寝することが日課。この時間に後輩の悩みなどを聞く時間にもなっています。

14-30

14:30 午後診療

午後の患者様のカルテを確認したり、診療に必要なものを準備します。

午後も大忙し。午前と同じく、歯周病の治療、定期検診、後輩指導を行います。5〜6人の患者様の担当をします。 本田歯科は日曜、祝日が定休日となっていて、それとは別に1日休日があるので、それぞれお休みの曜日が違います。先生が3人いる日もあれば、1人の日もあり、比較的患者さんの人数が少ない日に後輩指導を行います。なるべくお昼休みや、居残りをせずにトレーニングできるようにしています。月に一度は外部のDHトレーナー岡村先生に来ていただき診療をカットして、研修を受けています。

19-00

19:00 終業

終業は19時〜19時半の間です。片付けをして1日の勤務が終わります。

DHの役割を存分に発揮できる!

学校に来ていた求人票から探しました。資料がカラーで写真に人が写っていて好感を持ち、訪問診療もあるので、仕事の幅が広がるとも思いました。

決め手は、社会保険、厚生年金と福利厚生が充実していること。学校の先生に相談すると、これだけ充実しているのは珍しいということで決めました。

診療に関しては、患者さんの口腔内を見て、検査を行い、歯周病基本治療の計画を立て、患者さんに説明する、DHの一連の役割を存分に発揮できる歯科医院だと思います。

幅広い年代の衛生士が10名、在籍していて、誰にでも相談できる環境なので、自分の力を伸ばし発揮できると思います。もう少し休みが増えれば嬉しいですが(笑)10年勤務できているということは働きやすい環境だと思います!

先輩がチャンスを与えてくれたから。

最初は人と喋るのが苦手で、自信がありませんでした。本田歯科のDHトレーナー岡村さんに相談してトレーニングを受け、先輩がチャンスを与えてくれ、任せてくれ、経験を積ませてもらったので、今では、しっかり伝えることができていると思います。

患者さんに伝わった時、TBIや生活改善の提案をして改善した時にやりがいを感じています。「こんなに丁寧に見てもらったのは初めてです」と行っていただけた時はとても嬉しかったです。

将来ですか、、、
結婚、出産という節目を経ても、やはり歯科衛生士を続けていきたいです。続けている姿はイメージできています。患者さんのヒアリングを行う中で、もっと食生活の指導までできるようになりたい。生活習慣のアドバイスもできるようなDHになりたいと思っています。

個性を大事に育ててくれる医院なので、学びたい人も、楽しく働きたい人もぜひ一緒に働きましょう!